本家へGO!
<   2005年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
今日のきゅうちゃん
そりこみパゲ
b0014157_19222581.jpg


じりじりと面積を広げつつあります。
今のところ、薬の効き目はない模様(涙)
あと二日分で薬がなくなっちゃうけど、続けた方がいいのかなぁ。。悩む~(-″-)

先週は会社の棚卸。その後体調不良で倒れて3連休。それから昨日まで改装で6連勤中。。。
最近体調が思わしくないのでちょっとハードだわー。
仕事のストレスで胃もキリキリ。割り切れない部分も沢山出てきて、このまま続けるべきか思案中。とりあえず、母の日までは持たせねばー。

そうそう。橙屋でご要望の多かったブックカバーの試作品を作ってみました。
型紙を作って色々手直しをして、半日以上かかったよ。結構難しいな。。。納得いくものが出来たら、橙屋のブログへ掲載しますねン。
[PR]
by tatsumibee | 2005-03-18 19:40 | 文鳥
にゃろう……!
なんとなく腑におちなかったので、昨日もらった止血剤は使わず、今朝恐る恐るびーの様子を見たら、いつもと変わらない元気な彼の姿が。。。フンも異常なし。
かなり病院へ行く気を喪失しつつも予約してるし、旦那も寝ぼけ眼で起きてきた事だしと、鳥2羽と旦那を車にほおりこんでレッツゴー。

途中事故なのか、反対車線の下の方面(セントレア方面)が大渋滞しているのを横目に、知多半島道路をトコトコと走る。もし事故なら、大事無いと良いのですが~。でも空港へ行く人は半泣きだったんじゃなかろうか……(T-T)

病院へは時間どおりについたものの、やはり前の患畜さんが長引いていて、1時間近く待つ。
で、まあ、結果はというと………。


血便じゃなかったヨ……!(ガーン)

フンの中に赤血球がなかった。。。
多分きっと部屋の中で何かをひろい食いしたんだろうけど、何なのかさっっっっっっぱり分かりません!
でもでもでも、どう何回見ても血のように見えたんだようっ!(T-T)

しかし変なのは、朝に家でしたフンは普通だったのに、病院でしたフンはまた少し赤っぽかったんだよ? 餌にも下に敷いてある紙にも、赤い色素のものはないのに。。。。不思議だ。

まあなんとなく、こんなことになりそうな予感はしていたけどネ(T∇T)
あとはきゅうちゃんのはげと、一応びーちゃんのおなかと両方に効く薬を調合して頂きました。
昨日、止血剤を飲ませなくてよかった……!

メール等で心配して下さった方々、ありがとうございました。
びーちゃんは元気です~。
きゅうちゃんのはげの方が深刻なようです(T-T)


すみません~。今日は力尽きてしまったので、bbs、リンク、メールのお返事等、もう少しお待ち下さい~m(_ _)m
[PR]
by tatsumibee | 2005-03-05 22:38 | 文鳥
びーちゃんが・・・
夕方、びーちゃんがいきなり血便 Σ( ̄□ ̄
慌てて病院へ行く用意をしながら時計を見ると、4時半。。。
病院の受付は5時半まで。家からその病院までは1時間半はかかる……。
電話で時間外でも大丈夫か、病院に確認してみると、今日はどうしても出かける用事があるとの事で、明日の朝に予約を入れてもらう。 
お忙しいのに、今日の対処の仕方を教えて下さって、本当に感謝ですm(_ _)m

けど念の為に、近所にある、鳥も見てくれる病院へ行って来た。
しかしそこの病院ではフンをちらりと見ただけで、何かストレスがありませんでしたか?止血剤を出しましょう。だけだった……(-_-; そんなもんなのかなぁ?
幸いフンの状態は元に戻りつつあるし、バリバリ餌を食べて、元気に歌も歌って、いつもと違う、ポカリスエットを薄めた水も何のためらいもなくごくごくと飲んでいるので、多分大丈夫でしょう。

せっかくなので、明日はきゅうちゃんも連れて、きゅうちゃんのはげの事も相談してきますー。


bbsのお返事とリンクの更新も明日になりますー。すみません~。。
[PR]
by tatsumibee | 2005-03-04 21:24 | 文鳥
カクテル
初めて買ったバラ 「カクテル」
b0014157_22162171.jpg


台風で枯れかけたものの、見事生還。
この冬、ほとんど葉っぱを落としながらも、新芽がかなり膨らんできました。
病気や害虫にも強く、ほおっておいても勝手に枝を水平に伸ばしてくれたので(^-^; 誘引もせず。なんて手間のかからない子なんだv 今年はブロック塀に這わせようかと思っているのだけど、夏に暑さで駄目になっちゃうかな。。。

そうそう、前回の日記の大根は、やはり隣の方でしたー。
早速その日にふろふき大根を作って、おいしく頂きました~v
[PR]
by tatsumibee | 2005-03-01 22:23 | 植物
トップ